maesho_logo.jpg

世界初のケーシングを使う、住宅、土木用の高品質な地盤改良工事、砕石地盤改良工法。「エコジオ」   

なぜ、砕石か?

なぜ、砕石か?
砕石による地盤改良工法は、地盤の環境をを守るとともに
土地の資産価値を守ります。

「砕石」は、人工物とは違い、もともと自然界に存在している「石」から作られます。「砕石」は、長期的にその強さを保ち続けるのです。
数々の歴史的な建物の地盤改良工事でも石が使われてきました。

エコジオは、将来の安心まで見据えた工法なのです。

stone.jpg

shiro.jpgato.jpg


国内外においても、数百年も前の建物が残っているのは
「石づくり」だからこそ。

(右)日本の歴史建造物で砕石地盤改良が行われていた例
白く囲んだ部分が埋め込まれたいた自然石。

環境と資産を守る。

砕石による地盤改良工法は、地盤の環境を守るとともに土地の資産価値を守ります。

近年、地盤改良においても、環境やそれに伴う土地の価値への影響が指摘されています。

P45-2.jpg

たとえば、セメント系固化材を地盤改良に使用する場合、
「六価クロム(発ガン性物質)」が安全基準を超えて溶け出す可能性が、
国土交通省から指摘さております。(平成12年)。
平成15年には、「不動産鑑定評価基準」が見直され、
土壌汚染や地中埋設物(地中の人工物)が、
土地の評価に影響する要因に追加されました。

そこで、自然石の砕石を使った地盤改良が注目されているところです。
砕石だけを使用するエコジオ工法による、地盤改良でお客様の大切な資産をしっかりと守ります。

リスク軽減、液状化抑制効果。

エコジオ工法は、砕石(自然石)以外の材料を使わないため、
土地所有者様とのトラブル、撤去費用の負担などのリスクを軽減します。

借地の場合、借地の返還時には、地中埋設物の撤去が求められる可能性があります。借地に建てられる店舗・施設・住宅の撤去時のリスクを軽減いたします。

また、液状化抑制効果も期待できます。
以前から規模の大きい土木工事(堤防など)や建築工事(大きなビルなど)では、地中に柱状に砕石を詰め込み、水を通りやすくする「グラベルドレーン工法」と呼ばれる方法で液状化対策が行われてきました。エコジオは、グラベルドレーン工法と同様の効果が期待できます。